審美歯科と一般歯科の違い

歯科医院はどこに行っても同じだと考える人がいますが、それは間違いです。

歯科医院では、一般治療を扱う歯科の他に、外科治療をする口腔外科、矯正をする矯正歯科、子供の治療をする小児歯科などがあり、審美歯科という診療科目もあります。

審美歯科とは、その名の通り、審美的な治療を行う歯科です。

例えば、一般歯科では保険適用の治療を主に行うため、見た目をおろそかにしてしまう治療もあります。虫歯を削って詰める銀歯はその代表とも言える存在で、口を開けた時に目立ってしまうのに抵抗を感じる患者さんも少なくありません。

前歯であれば、保険でも白い差し歯を入れることができますが、金属の土台の上にプラスチックを貼り付けているだけなので、いかにも作り物という見た目になってしまいます。
審美歯科であれば、このような治療は行いません。
銀歯ではなく白い詰め物にして、差し歯もセラミックなどの透明感のある素材を選択するので、自然な見た目にすることができます。


保険は適用されませんが、その分審美性の高い、きれいな治療をすることができます。
一般歯科が機能性だけを重視しているのに比べると、機能性と審美性を両立しているのが審美歯科と言えるでしょう。



歯の色や形にまでこだわった治療は、一般歯科では難しい治療です。

ホワイトニングなど、口元をきれいにするための治療を扱っていて、総合的な治療が可能です。

ガジェット通信に関連した情報が掲載されています。

患者さんの満足度も高く、保険診療では得られない見た目になります。