高価格帯と安いタイプの浄水器にはどんな違いがあるか

スタイリッシュなシステムキッチンに組み込まれている、ビルトイン式の浄水器は、その存在を感じさせないスマートで先進的なデザインとなっており、新築やリフォームの際にキッチンへ組み込む人が多く見られるようになりました。本体価格も高めですが、水道の蛇口ですぐに浄水が使えるという利便性と、見た目の良さから人気の高い製品です。既存のキッチンにもビルトイン式の浄水器を取り付けることも可能ですが、その場合にはより手軽で価格の安い蛇口直結式のほうがコストの面や使い勝手の面で優れている場合もあります。蛇口直結タイプは安い機種では1万円以下から見つけることができ、交換フィルターの価格も一般的に安い傾向ですので、ランニングコストが低く抑えられるというメリットがあります。

ウォーターサーバーやペットボトルでの水の購入と比較すると、1リットルあたりのコストでは圧倒的に低く経済的であるというのが浄水器の特徴です。価格帯の違いは、主に浄化するフィルターの性能の違いによるものです。高級機種には業務用にも使用されている逆浸透膜が採用されており、圧倒的な浄水性能が得られます。安価な機種から中堅価格帯の機種では、活性炭やセラミック、極細の中が空洞の繊維を利用したフィルターの採用が多く見られます。

どのような浄化フィルターを使用していても、日本の浄水器の基準は満たしているので安心ですが、除去できる成分は高価な製品ほど増えますので、比較サイトなどでじっくりと確認するのがおすすめです。つまりのトラブルのことならこちら