浴槽つまりが発生したら

お風呂で生じるトラブルの中でも浴槽つまりは早めの対処が重要です。そのため、浴槽つまりが生じた際には自分でできることで対処することができないか、すぐにでも確認してみることをおすすめします。その際にはまず、熱すぎないぬるま湯をゆっくりと排水口に流し込んでみてください。温度の目安としては、人肌で少しだけ熱いと感じる40から50度を目安に排水口にまっすぐ入れるように流し込むのがおすすめです。

また、バケツを使って高所から叩きつけるようにぬるま湯を流し込むとより高い効果を期待できます。バケツにお湯をためた後で排水口めがけて一気にお湯を叩きつけるように流し込むのもおすすめです。これまでの工程を行っても浴槽つまりがうまく解決できなかった場合には、ハンガーやワイヤーブラシを使って浴槽の排水口に詰まった汚れをかき出してみるとつまりが解決するかもしれません。特別なものを買わなくとも家にあるハンガーで十分です。

なお、ハンガーを使う場合には真っすぐ伸ばして先の方を排水口に収まる程度のフック型にしておくとより効率的に詰まりをかきだせます。加えて、ラバーカップやプランジャーが家にあるならそちらを使えば浴槽つまりが解決できるかもしれません。その際には浴槽に少し開け水を溜めてから使うとより吸引力が増しつまり解消の確率があがります。また、ハンガーやパイプクリーナーなどで汚れをできるだけ浮かした後に駆使するとより効果を発揮するので、ぜひ紹介した順番通りに試してみてください。