雨漏りの修理費用の目安とは

突然天井から水がポタポタと垂れてきたり、知らない間に天井に大きなシミができていたりと、特に家の経年劣化によって引き起こされることの多い雨漏り。屋根や屋上は常に外気にさらされ、風雨の影響を直接的に受けることもあります。しかし普段あまり目にする場所ではないため、劣化していても気付かないことも多いものです。雨漏りの修理費用は、雨漏りのケースや修理方法、修理範囲によって大きく異なってきます。

例えば外部からの雨水の入ってくるのを止めるだけの修理と、家の内部まで修理を行う場合では、修理費用が大きく変わってくることはわかるでしょう。修理費用が2万5千円からという宣伝を見ることもあるかもしれませんが、2万5千円でできる修理は応急処置レベルの修理といえます。隙間やひびの入っている部分にシーリング剤を詰めて隙間を埋めたり、割れた瓦のみを変える程度の作業になるでしょう。これらの応急処置方法では、再び雨漏りが発生する可能性が高く、根本的な修理とはいえません。

一番よい方法は、本来あるべき性能を持った建物に戻すこととなりますが、家庭によって予算の問題などにも関わってくるので、業者と相談しながら最適な修理方法を見つけることが大切です。屋根瓦の雨漏りの修理費用の平均金額としては、約10万円から25万円が相場となっています。しかし屋根の形状や建物の立地条件などで大きく変動するといえます。また内装被害の復旧のためにかかる費用としては、天井の張替えに約15万円から25万円ほどかかるといえます。