老朽化の程度により異なる雨漏りの修理費用

雨漏りの修理費用は、屋根部分の木材等がどの程度、老朽化しているかにより異なります。雨漏りの原因が、瓦のずれなど単純な理由の場合は、修理費用は十万円程度で済むことがあります。しかし、屋根の垂木などの構造躯体まで腐食や老朽化が進んでいる場合は、100万円を越す、本格的な修理が必要となります。雨漏りは原因が様々で、原因を突き止めないと、正確な修理費用はつかめません。

また、破損しているか所の範囲や、屋根の葺き材によっても価格は異なります。カラー鉄板やガルバリウム鋼板が葺いてある屋根で、全体がいたんでいる場合は葺き替えが必要となります。雨漏りがするからには、表面の材料のほかにも、アスファルトルーフィングが傷んでいる可能性が高く、張り替えが必要となります。標準的な大きさの住宅の屋根を、ガルバリウム鋼板で葺き替える場合の修理費用は200万円程度ですが、地域や工事の時期によって差が出ます。

修理か所が建物の構造躯体である垂木や母屋に及んでいて、野地板の張り替えも含む場合は、300万円を越すこともあります。屋根の修理費用を安く抑えるためには、早めに雨漏りを発見し、修理する必要があります。初期の場合は簡単な修理で済むことも多く、費用も安くて済みます。野地板まで腐食が進んでいる場合は、防水工事に留まらず、大工工事が必要となります。

建築の補修は、工事種別が異なると、違う職人が必要となり、その分、費用がかさみます。