知っておきたい雨漏りの修理費用の目安

家の雨漏りは、急に発生します。屋根に異常があるようには見えないし、普段の雨とは違う雨(台風や豪雨)の時だけ雨漏りするなど、とても不思議に感じることが多いのではないでしょうか。雨漏りの修理費用は高いだろうし、たまのことならばほっておこう、と考えてしまいがちです。見えない箇所なので、気にならない方も多いかと思います。

しかし、もしかしたら家の内部で何かが起こっている可能性もありますので、どの様な症状から雨漏りが発生して、どのくらいの修理費用が必要になるのかを知っておくと良いでしょう。棟板金やクギの浮きがある場合は、棟板金の撤去交換で30万~100万円程度の費用が必要になります。業者に依頼する前の仮補修としては、ブルーシートを屋根全体にかぶせるやり方があります。この状態で長くは過ごせませんので、業者依頼が必要になります。

他には、漆喰の崩れでは漆喰の塗り直しで30万~80万円程度になります。根本からのやり直し作業になりますので、こちらも掛かる費用は少なくはありません。他にも原因はありますが、これらすべての修理費用を自費で支払わなければならないということはありません。なぜならば、火災保険が適用される可能性が高いためです。

100%の経年劣化でなければ、火災保険の「風災保障」の対象となり得ます。雨漏り修理を検討するときには、火災保険会社に連絡して、保険が適用されるかの確認をすることをお勧めします。