雨漏りの修理費用について

住まいのトラブルで意外と多いのが雨漏りです。相当老朽化した家屋にしか起こらないのではと思ってしまいがちですが、建物の老朽化だけではなく、台風や近年多い集中豪雨などの要因が絡み合うことで大掛かりな修繕が必要になるケースもあります。雨漏りの原因はさまざまであり、原因によって修理費用にも差が生じます。原因が防水コーキングの劣化の場合はコーキング補修だけで済むので数万円でトラブルを解消することができます。

屋根瓦のひび割れなどが原因で雨水が浸みている場合は破損した屋根瓦とその下地の補修で対応できるので、修理費用は20万円前後となります。しかし、建物の屋根全体の損傷が激しく補修範囲が広範囲に及ぶ場合は屋根全体のリフォームが必要となるので、標準的な一戸建て住宅の場合で100万円以上の費用が必要となります。雨漏りは放置しておくと家財やクロスにまで影響を及ぼすので速やかに修理する必要があります。しかし、修理費用が結構かかるので、すぐに踏み切れないという場合も多でしょう。

雨漏りの原因が老朽化ではなく、台風などの災害によるものだと判断された場合は火災保険の保険金で修理費用を賄うことができます。修理したいけれど費用が高額で工事をためらっているという人は、信頼で着る業者にチェックしてもらい、保険が適用されるかどうかを見てもらうと良いでしょう。放置したままにしておくと災害との因果関係を立証しにくくなるので、不具合が起きたらすぐに対処するようにしましょう。原因によっては雨漏りの修理費用を保険で賄えるかもしれません。