自分で直せる水漏れとつまりの例

住宅内には多くの水回り設備機器があり、その設備機器には水漏れとつまりのトラブルが付きものです。ネットで調べれば、それらのトラブルを解決する方法の記事が多数あり、それを見ていると簡単に自分で修理したり解決できそうに感じます。しかし、いざ実際に修理しようとすると、最適な専用工具がないために、思うように作業できない事も多いものです。またホームセンターで新たな部品を購入しようと思うと、同じ部品でもメーカーや機種の違い等により、余りにも沢山の種類があり過ぎ、どれを購入すれば良いのかで迷う事が少なくありません。

そんな事を考えると、やはり専門業者さんにお願いする方がベターと言えます。その一方で、ごく簡単な修理でも、難しい修理でも専門業者さんに来てもらえば、必ず7000~8000円の出張費も当然取られます。これを考えると、本当に誰でも修理できる簡単な水漏れ修理やつまり解消なら、まずは自分でチャレンジして節約できればとも思えます。そんなごく簡単で、まず自分でチャレンジし、それで駄目なら業者さんに依頼すれば良いと思える、ごく簡単なトラブルとしては、以下の2つが上げられます。

その一つは、単水栓の水漏れです。これは蛇口の下にあるネジ部をモンキーレンチで回せば簡単に分解でき、そこにあるゴムパッキンを入れ替える事で大部分が修理できるので、試して見る価値があると言えます。またつまりの方では、キッチンのシンクの排水溝のつまりが上げられます。この原因が、油汚れが排水溝の壁面に蓄積し生じるのが一般的です。

このつまりは、パイプクリーナーを排水溝にかけ、その後タオルを排水溝の栓として詰め込み、シンクに水を溜め、タオルの栓を抜いて一気に水を流す事で改善する事もあります。この程度は、自分でまずチャレンジしても修理や改善が出来る項目と言えます。水道修理のことならこちら