水漏れトラブルを応急修理する方法

トラブルで最も多いのは配管からの水漏れです。しかしそれを応急修理することで、被害を最小限に留めることができます。特に修理業者が休みの日や予約が取れない時には役立つ知識となります。まず初めにすることは配管の種類を特定することです。

配管には水を運んでくる給水管と、水を排出する排水管があります。給水管は水を蛇口から出すために、高い圧力がかけられており、地震や凍結が起きると破裂や破損に繋がりやすい部分です。排水管には圧力がかかっていないので、経年劣化などによって水漏れトラブルが起きることが多いです。どこから水漏れトラブルが起きているのかを突き止めてから応急修理に入ります。

排水管の水漏れは水の使用を止めれば一時的に収まりますが、給水管の場合は蛇口を捻ってなくても水が出てきますので、水道の元栓を閉めることが先決です。次に水漏れが起きている部分に配管補修用のテープをきつく巻き付けましょう。これである程度は防ぐことができます。それでも漏れてくる水はバケツや雑巾で受けるようにして、修理業者の到着を待ちましょう。

天井や床下の場合はカビやシロアリや腐敗に繋がりますので、早めに対処しなくてはいけません。もしも見えない場所から漏れていたら、火災保険で損失をカバーできることもあるので問い合わせて下さい。ちなみに配管補修用テープには複数の種類があります。粘着剤が使用されているかどうかも選択肢になりますので確認しましょう。