多くなった弁護士同士の競争

弁護士は制度改正により法科大学院から弁護士になる人が多くなり、多くなった分だけ競争が激しくなっています。昔は敬遠されがちであった国選弁護人の仕事も、奪い合うように引き受けようとする人が多くなったとも言われるところです。この競争が激しくなった原因の一つがその数が多くなりすぎたことにあることも一因ですが、他の士業特に司法書士でも、弁護士だけがしていた業務の一部を引き受けられるようになったことも大きな一因と見られています。すなわち借金の法的整理である債務整理について、上限の金額の縛りはあるにしても司法書士が引き受けられるようになったため、弁護士と司法書士との間で顧客の奪い合いが発生しました。

このように、資格取得者の数が多くなったことや競争の激化により、ただ単に資格を持っていれば食べていける、安泰であるという時代ではなくなってしまったわけです。ましてや人口減少の時代であり、より仕事自体が少なくなっていくであろうことが予想されています。腕のいい一部の人に仕事が集中し、実績が少なかったりあるいは競争に負けてしまった場合には、いくら有資格者であっても仕事を選んでいる場合ではなくなるでしょう。今後、実績を積んでより知られるようになった人とそうでない人との格差は広がり、弁護士同士や司法書士との間での顧客獲得競争が進むことが確実な情勢です。

そのため、有資格者の数が多くなりすぎた点について、制度の変更が想定されています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする