弁護士にお世話になる際の注意点

相談する弁護士を選ぶ際には注意点があります。まず、料金を相場よりも高価格に設定するケースが挙げられます。弁護士の中には自分をブランド化している方が多くいます。相場は相談内容により異なりますが、一般的に50万円とされているのであれば100万円を提示するというケースです。

高価格の料金を提示し、解決に結びつかない場合が多ければ業務を継続していくことは困難なのでそれほど自信があり解決に結び付けられるという意味ですが、相談内容の多くが日常に関係性の深い事案ばかりなので不適当であることは明瞭です。しかも、弁護士の場合は提示している価格が高い方がより良いというわけではありません。どなたであっても法に則って対処するので業務に差異は生じないのです。しかも、このような自身をブランド化するような方は一般の弁護士と金銭感覚が異なる上に一般市民ともかけ離れています。

資産家のような環境でお金に糸目をつけないという場合を除けば、あえて高い料金設定の方に依頼する必要はありません。また、大手の事務所に所属している方も避けるべきです。大きな事務所というのは、一流企業などをメインに相手に行っておりあまり一般市民に向いているとは言えません。しかも、法人向けの案件に強みを持っている場合が多いので個人的な相談には慣れていないという可能性もあります。

こうした事から一般の人々が弁護士に相談し解決してもらうためには適度な事務所が好ましいでしょう。広島で遺産の相続のことならこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする