弁護士の裁判費用の考え方を理解しよう

民事の案件に関する弁護士に対する報酬はどのようにして決められているのでしょうか。弁護士はそれぞれの案件に対して報酬として受けることが出来るお金に大きな違いがあるということをまず理解しておかなくてはいけません。実は、弁護士は必要以上に依頼人からお金を請求することはできないようになっており、妥当とする範囲でのみ報酬を受け取ることが可能なのです。これは、協会が決めている基準も関連していますが成功報酬に関しては明確な基準が存在するので、仮に弁護士から必要以上に費用を請求されたときにはそれを拒否することも許されています。

例えば、民事の案件を扱うときには裁判をしなくてはいけないこともあります。示談交渉が上手くいかなかった場合には、話し合いで問題を解決することができないことを意味しますので法廷で慰謝料を請求しなくてはいけません。当然、法廷闘争になったときの費用は依頼人が支払うことになりますが、裁判が終わるまではどのくらいの費用がかかるのかが計算することがなかなかできません。もしかすると、長期的な争いになって支払わなくても良いお金まで依頼人が支払わなくてはいけなくなってしまう事態も考えられます。

このような事態を避けるために、裁判についての費用に関しては例外なく成功報酬としているのです。裁判の結果がわからない段階で費用をずっと支払い続けなくてはいけないのは、依頼人にとっては何のメリットもありません。このような保険があるからこそ、弁護士に対する相談は安全に行うことができるようになっているのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする