弁護士事務所の利用と注意点

生活していく中で、交通事故や詐欺など、思わぬトラブルに巻き込まれることがあります。このような場合、民事事件に発展し、弁護士とともに訴訟を起こすこともあります。民事事件と言っても、交通事故を始め、遺産相続、離婚など幅広い種類があり、弁護士によって得意な分野と不得意な分野があります。そのため、その道に特化した人を雇う必要があるでしょう。

事務所のホームページには、過去に担当した訴訟が掲載されていることが多いため、参考にしてみると良いでしょう。実際に面会するときには、諸経費が発生します。1時間5000ぐらいが相場ですが、その他にも着手金や報酬なども払う必要があります。自治体によっては、無料相談を実施していることも多いため、そういった機会を利用してみると良いでしょう。

弁護士を選ぶうえで最も重要なことは、過去の実績です。いくつもの勝訴を勝ち取っていたり、評判の良い人であれば、勝てる見込みもあるでしょう。民事事件では、当然相手も弁護士を準備するため、こちらも十分に準備して裁判に臨む必要があります。民事事件の場合、裁判は長期化することも多く、最終的には和解と言う形で終わることもありますが、いずれにしても弁護士には費用を支払います。

裁判所に出向いたり、準備をしたりと、民事事件は刑事事件に比べて、大変な面も備えているため、それでも訴訟を起こそうと考えている場合には、費用などをよく熟考してみると良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする