弁護士の日本と米国の違い

弁護士は法律に関する専門的な業務を行う仕事です。裁判の際の弁護人や代理人の仕事をはじめ、遺産相続の場合の親族間の紛争の法律的な仲裁やこれに付帯する手続き、離婚調停などの法律的な処理などを行います。弁護士の仕事は世界共通であり、例えば米国でも弁護士は同じように法律的な仕事を行っています。裁判なども行っているので、日本と同じような資格だと思われがちですが、日本と米国ではその資格や範囲に大きな違いが有るのです。

日本の場合にはその資格は日本国内のどの場所でも通用するのに対し、米国は州単位で認定する資格なので、認定された以外の州ではその活動はできません。また日本の場合にその仕事の範疇は裁判や事件、紛争に関連するものが中心ですが、米国の場合には日本で税理士、司法書士、土地家屋調査士、行政書士といった人たちが行う仕事も弁護士の範疇なので、その仕事範囲が非常に多岐にわたっています。また、日本では法律関連の仕事に携わる仕事であっても必ずしも資格を取得する必要はないものですが、米国では基本的に弁護士の資格を持っていることが要求されます。その為米国ではその資格を持つ人は非常に多く、100万人以上とも言われています。

また、日本では法科大学院を卒業し司法試験に合格していないといけないものですが、米国では法律の専門学校試験を卒業した人のほかに、同程度の法律の知識を持っていると認められる人にも受験資格が与えられることも有り、実際の受験者や合格者は日本に比べて非常に多い結果になっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする