弁護士の相談費用は細かく考えよう

弁護士に法律的な問題を相談する時には、事前にその料金がどのくらい必要になるのかを計算して準備しておく必要があります。弁護士に対する料金の計算はそれほど難しいものではなく、全国どこの事務所であっても法律や協会の基準によって一律に決まっていることが大半です。例えば、単純な法律相談の料金は30分あたりの料金で設定されていますので、30分の時間が経過するごとにどんどん料金が大きくなっていく仕組みになっています。相談だけで弁護士に対する用件が終わるのならば5000円程度の費用で終わりますが、それに加えて法的な事務手続きをしてもらうときにはさらにお金が必要です。

法的な事務手続きをしてもらうときには、裁判所で手続きをするのかそれとも該当する会社や個人に対して証書を作るのかのどちらかになることが多いです。より料金が大きくなるのは裁判所を通して手続きをするときであるので、この手続きを利用するときには数十万円というお金が必要になることもあります。借金の整理を行うための自己破産や民事再生は典型で、裁判所に対する手続きの処理と適性の判断でお金がかかります。そして、もう一つ大切になるのが裁判費用です。

裁判費用に関してはよりわかりやすい基準が存在し、基本的に成功報酬となっています。裁判によって生じた費用や請求できた金額によって大きく費用が異なるので、仮に裁判で弁護士が負けたときには費用は非常に小さくなることを知っておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする