遺留分に関する遺産相談について

「被相続人が全財産を第三者に贈与または遺贈した場合、相続人は何も財産を取得できないのか」これは、遺留分に関する遺産相談の典型例です。遺留分は遺産相談の中でも特に高度な専門知識を必要とする分野です。遺留分とは、一定の相続人に、被相続人の財産の一定割合について保障する制度のことをいいます。被相続人が第三者に生前贈与や遺贈した場合であっても、相続人の遺留分がそれにより侵害されていれば、相続人は第三者に対して侵害された部分を取り戻すことができます。

相続人の最低限の生活を保障する趣旨です。被相続人の生前贈与や遺言による贈与も、相続人の遺留分を侵害することはできないのです。「それでは、一定の相続人とは誰のことか」一定の相続人とは、配偶者、子、直系尊属のことをいいます。兄弟姉妹は含まれません。

なぜ、兄弟姉妹は遺留分を取得できないのか、という点についての遺産相談もよくあります。兄弟姉妹は前三者の相続人に比べると、被相続人との関係が必ずしも密接とはいえないという理由で、除外されているのです。「遺留分の割合はどれくらいか」遺留分の割合は、直系尊属のみが相続人の場合は3分の1です。配偶者のみの場合、配偶者と子の場合、配偶者と直系尊属の場合、子のみの場合は2分の1になります。

この3分の1や2分の1という割合(総体的遺留分)に相続人各自の法定相続分をかけた場合が、相続人各自の遺留分の割合(個別的遺留分)になります。たとえば、相続人が配偶者と子どもの場合、総体的遺留分は2分の1になります。個別的遺留分は、配偶者の場合、総体的遺留分の2分の1に相続分の2分の1を乗じた4分の1になります。子どもの場合も同様な計算式で、4分の1になります。

広島で債務整理のことならこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする