法律相談はどのような所で受け付けてもらえますか

法律相談は、弁護士や司法書士の事務所に行くのがやはり一番です。とはいっても、先方は忙しいことが多いので、かならず電話やメールなどで予約を入れて、当日は指定の時間に遅れないようにしましょう。また、参考となる書類などはできるだけ持って行くことをお勧めします。弁護士の場合は相談料がかかりますが、最近は廃止する事務所もありますその一方で、弁護士や司法書士に相談したいけれど、知人に法曹関係者がいないし、どのような所で話を聞いてもらえばいいのか、わからないということもあるものです。

そのような場合は、地元の役所や消費者生活センター、あるいは国民生活センターの法律相談を利用してみるのがお勧めです。弁護士が輪番制で話を聞いてくれますし、もちろん無料です。ただしこちらも予約が必要なことがありますので、役所や消費者生活センターなどに連絡を入れて、問い合わせてみるのがいいでしょう。また裁判や調停、債務整理などを行いたいけど、所得が少なくてなかなか踏み切れない場合は、法テラスの無料法律相談が便利です。

所得水準が一定以下の人が対象で、その人の悩みに合った弁護士や司法書士を紹介してもらえます。また、このシステムの最大の特徴として、立て替え制度があるのもメリットです。この立て替え制度は民事法律扶助というもので、お金が無くて弁護士や司法書士の費用が出せない場合に、一時的にその費用を負担してくれるシステムです。もちろん一時的なものなので、後で分割で返済をして行くことになりますが、費用を一括して出せない場合はとても助かります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする