法律関係の相談事は街の弁護士かインターネットへ

法律は生き物のような存在です。ある程度、定まった形があるものの、時代や環境に応じて、商法や民法、刑事訴訟法等は日々移り変わっていきます。素人目に見れば法律とは厳格に定義付けされた絶対的なルールに感じますが、それでは日進月歩で変化する現実に適応出来ません。また同じ法律も弁護士によって解釈が入ります。

とある弁護士は合法と言う行為も、別の法律家の目から見れば違法という判定が出るパターンも多いです。素人が六法全書のルールを全て理解する事は不可能であり、気になる問題が浮上して来た際は、やはり専門家に相談するのが最もベターでしょう。法律事務所はあまり一般市民に馴染みの無い施設かもしれませんが、相談だけなら安いコストで可能です。それどころか最近ではコストゼロで相談を快く受け付ける弁護士も現れました。

また相談したい案件に強い事務所が近所になくても大丈夫です。現在ではネット経由で相談を進められるサービスがあり、Eメールやチャットシステムで困り事を打ち明けられます。医師や公務員同様に弁護士もまた職業上の守秘義務が課せられますので、プライベートな悩みを吐露しても、その内容が相手以外に漏れる事はありません。事務所によって、男女問題の解決を専門家にしている、民法に明るい、刑事訴訟法に特化している、著作権法の裁判に強い等、それぞれに特色がありますので、出来れば前もって利用者サイドで依頼する場所を取捨選択しておいた方が良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする