不倫の慰謝料請求を法律家に相談することができます

不倫や浮気が配偶者に発覚したとき、または相手の状況を知ったときには慰謝料の問題が発生します。慰謝料とは精神的な苦痛を受けたときの代償として支払われる金銭のことで、法律的な解釈としては、不法行為が起きたときに加害者に支払わせる損害賠償が該当します。相手方が不倫していることがわかったときには、弁護士に相談することで慰謝料の請求が行えますが、一体どの程度の資金を支払わせることができるのか、気になっている人もいるでしょう。相場として設定されている金額を大きく上回る額を請求したときには、裁判に発展して解決までに時間がかかってしまうことが考えられます。

不倫や浮気の際に支払うことになる慰謝料の相場は、収入や原因、結婚期間によって変わります。慰謝料として請求する金額を多くするためには、裏付けられた証拠が必要で、裁判官を納得させることがポイントになります。慰謝料の請求を考えているときには、法律のプロである弁護士に相談することがおすすめです。不倫の慰謝料請求が行える証拠としては、不倫の相手方が配偶者がいることを認識していたことや、肉体関係を持っていたことの事実があることが条件となります。

証拠を得るためには、写真を撮影しておくことや、メールのやり取りを残しておくことが大切です。証拠が得られていないときには、内容証明郵便を使って相手方に説明を求めることができます。不倫に関する慰謝料の請求は、損害や加害を知ってから3年以内において請求することが可能となり、消滅時効が設定されているために、早めに弁護士などの法律家に相談することが良いと言えるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする