会社設立では電子定款はなぜお得なのか

会社設立に当たって定款の作成は最も重要なものの一つです。従来はパソコンで作成した定款をプリントアウトして提出すると言ったことが普通だったのですが、最近になって電子定款による提出が可能になっています。電子定款の方がお得だと言われることが多いのですが、これはなぜでしょうか。その理由の一つが、印紙が不要になることです。

プリントアウトした定款には4万円分の印紙を貼らなければなりません。しかし、電子定款ではこれが扶養になります。4万円ですからそこそこ大きい金額でしょう。しかし、電子定款を作成するためにはいくつかの機器が必要となります。

会社設立の電子定款を作成するためには、PDF形式と指定されています。ですから、PDF書類を作成するソフトウェアが必要となります。そして、電子署名が必要とされます。電子署名をつけるためには、ICカードライターや住基カードなどが必要となります。

このように、電子定款を作成するためにはいろいろな機器が必要となり、それをすべてそろえようと思うと4万円は超えてしまうでしょう。それにもかかわらず、会社設立の時には電子定款を作成した方が良いです。というのは、安く作成してくれる業者があるからです。電子定款の作成だけであれば、たとえば1万円くらいで請け負ってくれる業者はいくつもあります。

もっと安い業者を見つけることもできます。1万円を支払ったとしても、4万円安くなるのですから、差し引きをすれば3万円はお得になるわけです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする