会社設立の大まかな流れ

会社設立をするときには、いきなり手続きに進むのではなくて、まず準備が必要です。会社設立をするのに必要なことをまず決めます。そして、次に定款を作成します。定款を作成するときには商号を調査することが必要となります。

商号調査が終わって定款が完成すれば、決まった商号を元にして印鑑を作成します。そして、株式会社の場合にはその後に公証人役場にて定款の認証を受けます。合同会社の場合には、この手続きは必要ありません。この時点で会社としてのルールは完成していますから、次は実務的な手続きに移ります。

まず、資本金の払い込みです。認証が終わってから資本金を払い込むという手順を間違わないようにしましょう。資本金の払い込みが終われば、いろいろな書類を作成することができます。そして、書類の作成が終わればそれを持って法務局で会社設立登記を行います。

登記が終われば法的には会社設立は完了します。登記申請をすれば、しばらくして手続きが完了して謄本を取ることができるようになります。1週間くらいになることが多いですが、法務局で申請をするときに、いつ完了するのかは教えてもらうことができますから、確認しておきましょう。その後に、税務署や労働監督署などに届け出を行います。

これで手続きとしては完了です。後は銀行で口座開設の手続きを行ったり、あるいは助成金や補助金の申請をしたりと、実際の会社運営に必要な手続きを行っていくことになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする