会社設立の手続きを自分で行うべきかどうか

会社設立をするためにはいろいろな知識が必要となりますから、初めての人には少し大変なことではないでしょうか。必要な書類をそろえるのも大変ですし、役員の配置をどうしようか考えるのも大変なことです。また、手続きはうまくいったとしても、注意すべきポイントを忘れていると言ったこともあります。このようなことを考えれば、やはり専門家に依頼したいと考えるのは自然なことだと言えるでしょう。

専門家に相談した場合にはどれくらいの費用がかかるのでしょうか。専門家と言ってもいろいろな書類がありますが、たとえば司法書士に依頼した場合には、だいたい10万円くらいの報酬を支払うと考えておくと良いです。もちろんその金額はどこまで委託するのかによって異なります。専門家に依頼すれば会社設立の手続きはスムーズに行うことができます。

では、自分で行うメリットとはどういったものなのでしょうか。まず、会社組織についてしっかり考えられるというメリットはあります。自分ですべて会社設立の手続きを行おうと思えば、会社組織についてきちんと学ばなければなりません。株式会社とはどういったものなのか、あるいは合同会社の特徴とはどのようなものなのかと言うことを学んでから決めなければなりませんから時間はかかります。

しかし、これらを学ぶことによって会社組織の法的な位置づけをきちんと知ることができ、会社設立後の経営にも生かしていくことができると考えられます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする