どの債務整理をすれば良いか迷うときは相談が可能です

貸金業者のカードローンなどを使用した結果として、返済ができなくなって借金を抱えてしまっている人の場合には債務整理という方法を選択できます。債務整理といっても、それぞれの借金を抱えている人の状況は人によって異なるものですので、適した方法を選択することが大切になります。債務整理を有効に行うことで借金問題の解決を図るためには、手続きごとにおける正確な知識を持っておく必要があります。債務整理は大きく分けたときに自己破産や、任意整理、個人再生などに分けることができます。

借金の額が大きく膨れ上がっているために、全ての借金に対して帳消しにしたいと考えている人が多いと言えます。抱えている借金の全てを1度に解決する方法としては、自己破産の手続きを選択することになります。その代償としてマイホームや自動車を手放す必要がありますので、債務者ごとの生活の状況に応じてどの債務整理の手続きを行うのか判断が変わってきます。自分自身でどの手続きを行うことがベストの選択であるか判断できないときには、弁護士や司法書士などの専門家に相談して、アドバイスを聞くことができます。

手続きを進めていく中で、借金をしていた貸金業者への返済金額が払いすぎている場合があります。払いすぎている返済金額があるときには、貸金業者に取引履歴の開示請求を行うことで借金額の再計算を行って、正しい借金額を確定させてから払いすぎている金額を借金額に充当させることができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする