債務整理というのは別に

債務整理と言うのは、別に免責だけしかないわけではないのです。ですから、減額や金利の一時的な停止なんかもしてもらうことができます。もちろん、できると行ってもあくまで交渉次第です。基本的には法曹家に交渉してもらうことになりますが、大抵は弁護士です。

司法書士でも金額によってはできないこともあるのですが、あくまで弁護士がよいです。それに裁判所に調停を依頼する場合はさすがに弁護士になります。ちなみに債務を帳消しにできるのは、自己破産なのですが、これはとてもデメリットが大きいです。ですから、そこまでお勧めできることではありませんし、出来ることならば、任意整理をしたほうがよいです。

つまりは、債権者と話し合いで妥協点を見つけることです。自己破産になったら債務を支払う義務はなくなりますから、債権者としてもそれは困るのです。ですから、交渉をすることは十分にできます。もちろん、弁護士に依頼するのですが、その時の費用はまた別途ですから、注意するところです。

債務整理の一つに、一本化というのがあります。これは複数のところから借りているのを一つにするものであり、意外とよく行われています。交渉は一社とすればよいので、意外と成功する可能性は高いですが、それでもあくまで債務整理であり、一個人が自分でやろうとするのはかなり難しいですから、どうしても弁護士に依頼するようになるわけですから、その費用は覚悟しておくべきです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする