過払い金をみつけるためにも、債務整理がおススメ

巷で「過払い金の返還請求」という文字を目にすることがあるかもしれません。これは、借金の払い過ぎた利息分を取り戻せることを意味します。では、なぜ、払い過ぎが起きるのでしょうか?これは、利息の上限額の法律が変更されたことが原因です。以前は、出資法が使われており、最高利息は29.2%と設定されていました。

これ以上の金利をとると、厳しい罰則が科せられたのです。しかし、利息制限法が新たに制定され、これにより「10万円未満は20%、100万円未満18%、100万円以上15%」と上限が下がったのです。ただ、2010年までは利息制限法を違反しても、特に罰則がなかったために、多くの消費者金融が出資法の金利を使い続けていました。けれど、実際には利息制限法を超える金額は支払い義務がなく、返済してもらえるのです。

そこで、登場するのが債務整理です。債務整理をすることによって、借金を洗いざらい見直すことになります。その結果、自分の借金額に正しい利息が請求されているかどうかが調べられるのです。数年前から借金を返済し続けているという場合、かなりの過払い金が発生していることもあります。

その金額を元金返済に充てることで、苦しい借金返済の日々から解放されることもあるかもしれません。いずれにしても、債務整理をすることで、現状を正確に確認することができます。さらに、第三者に借金の状態を判断してもらうことが、生活を立て直すきっかけにもなるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする