債務整理は慎重に行いましょう

最近は、テレビCMや新聞のつり革広告などで、債務整理の広告を頻繁に見かけます。長引く不況の中で会社の倒産やリストラ等を余儀なくされ、当座のつもりで借り入れた金額がどんどん膨らみ、最終的に多重債務となってしまった方は大勢いらっしゃいます。そうなってしまって、毎月の支払が厳しくなると、最終的には自己破産等の債務整理を選択する事になります。できることならば自力での返済が当然なのですが、現実中々難しいのが現状です。

自分自身で裁判所や債権者と話し合いをして解決する事も可能ですが、確実に行うにはやはり専門家に依頼するのがベストです。債務整理には様々な方法があります。収入の有無や、自宅やマンションの有無等で、取りうる方法は異なってきます。一番大きく負債を減らすには自己破産という選択肢があります。

これは負債を全て帳消しにできる代わりに、資産も大部分が没収されます。継続的な収入が見込めない方が選択しますが借金となった理由が、ギャンブル等の射幸行為や、過度の浪費等の場合は免責不許可事由となりますので別の選択肢を選ばなければなりません。次にポピュラーな方法は民事再生で、これは住宅等を手放さなくてもいい方法ですし、免責不許可事由のある方でも行う事が可能です。負債を大幅に圧縮できるというメリットがあります。

他にも色々な方法がありますが当然よい面ばかりではなくデメリットも当然ありますので、専門の弁護士や司法書士の方と相談して最適な方法を選択して下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする