住宅ローン以外の借金が減額される債務整理

債務整理には、主に3つの手段があります。任意整理、個人再生、自己破産がそれです。自己破産は最終的な手段といわれているもので、そこまで借金返済に困窮していなければ、任意整理や個人再生で済ませるのが普通です。3つの手段の中では、任意整理がもっとも軽い債務整理のやり方です。

できるだけ任意整理の段階で解決できればよいのですが、それでも苦しい場合には、個人再生を選択するようになるでしょう。個人再生は住宅ローンを除いた借金を減額することで、返済の負担を和らげるという手段です。住宅ローンは今まで通りに返済する義務が生じますが、今住んでいる住宅を手放さなくてもよいのが、この債務整理の大きなメリットです。住宅ローン以外の借金がどの程度減額されるかについては、1500万円未満であれば5分の1、3000万円未満なら300万円、5000万円以下であれば10分の1にまで減額されます。

500万円未満なら100万円、100万円未満の借金は全額を返済することになります。これを3年かけて返済していきますが、事情によっては5年かけて返済する場合もあります。定められた期間で完済すれば、本来返済する義務があった残りの借金を返す必要がなくなります。多額の借金に悩まされている人には大変ありがたい債務整理の方法ですが、裁判所に申立をする必要がありますので、債務整理に詳しい法律の専門家の手を借りるようにしたいものです。

電話相談に応じてくれるところもあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする