債務整理の原則的な考え方

債務整理の原則的な考え方としては、なんといっても、本当にやるべきか、ということです。どうしても信用情報に傷がつくことになりますから、しないので済むならば、それがベストです。しかし、人によっては、もう借金で首がまったく回らない、ということはあるのです。そうした人にはやったほうがよい行為ではあります。

ちなみに債務整理といっても実はいくつかあります。一つは、自己破産であり、これは裁判所に申請して、すべての債務を免責してもらう方法であり、相当メリットがありますが、当然ですが、デメリットもありますから、覚悟するべきです。一度やりますと七年はできないことになっています。もちろん、そんなに頻繁にやることではありませんし、そもそも一回くらいは人生で失敗しても帳消しにしよう、というのがこの制度の主旨になりますから、あくまで七年は制度としての数字であって、それが経過すればまたやってもよいと認めているのは確かですが、積極的にやるべきといっているのではないのです。

そこは勘違いしないほうがよいですから、債務整理、特に自己破産はそうそう何度もやるような行為ではないのです。ちなみに自己破産に限ったことではないのですが、債務整理というのは、弁護士に依頼するのが必須になります。任意整理であれば、個人で交渉もできないわけではないのですが、それでも基本的には弁護士に依頼するのが話が早く進みますし、また、可能性が高くなります。広島で債務整理のことならこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする