差し押さえ解除は弁護士に債務整理の依頼をすれば可能

貸金業者から融資を受けているときには、毎月の返済について悩んでいる人も多いでしょう。毎月の返済が滞ってしまうと貸金業者から取り立てや督促を受けるようになってきて、精神的にも悩みが増すことが考えられます。借金問題が原因で精神的に追い詰められてしまっているときには、弁護士に債務整理の手続きについて相談を行うことによって、借金の取り立てや督促を止めさせることができます。弁護士に債務整理の依頼をすると、弁護士のほうから貸金業者へ受任通知を送ってもらえますので、法律的に貸金業者は取り立てなどの行為ができなくなります。

ただし、弁護士に債務整理の依頼を行う前に、すでに取り立てや督促を受けて、それらを無視し続けていると財産や給料を差し押さえられることがあります。財産や給料を差し押さえられたときには、債務整理をして差し押さえを解除する必要があります。差し押さえの解除に関しても、弁護士に依頼することが可能で自己破産や民事再生の手続きを行うことによって、差し押さえを解除させることが可能になります。弁護士に債務整理の依頼をすると、一定の費用を支払う必要がありますが、借金を抱えていることと比較したときにはメリットが大きいものと考えられます。

自己破産であれば25万円から30万円ほどの費用で手続きを行えますので、全ての借金を帳消しにして、差し押さえられている給料を取り戻すことも可能です。財産を失うことなく借金問題を解決するときには、民事再生を選択することでも差し押さえを解除して自分の給料などを取り戻せます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする