弁護士は無料相談が当たり前なのか

弁護士を雇うとお金がかかるというイメージを持っている人が多いですが、確かに一昔前は弁護士自体の数が少なかったため、法律相談を頼むとどうしてもお金がかかってしまい、弁護士は敷居が高いというイメージが出来上がってしまいました。ですが、最近は基本的に敷居が低くなっています。弁護士は驚くほどお金がかかるというイメージを持っている人はそろそろ改めなくてはならないのです。数字だけで見るとその数は毎年20年前の3,4倍は増えています。

毎年の退職者が300人から400人と言われていますが、新たに登録をする人は1600人程度もいるのです。また、訴訟も昔より数が減っています。そもそも訴訟をするだけでもお金がかかるためできるだけ訴訟をせずに解決しようとしている人も多いのです。さらに言えば、訴訟をして成功したとしても争っている金額自体が低いため成功報酬もそれほど取れないのです。

ただ、やはり一番の問題は仕事が少ないことなのです。そこで最近は無料相談を行っているところも多いのです。本来なら30分5000円が相場ですが、無料相談をすることでまずは入口の敷居を下げて中に入りやすくしようということです。また、無料相談だけではなく手付金も無料にしている弁護士事務所も少なくはありません。

まずは法律家自体が個性を持つことが大事になってきています。今後も資格さえ取れれば一生安泰というのではなく、魅力的なビジネスとして進めていくべきです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする