マイクロスコープで歯医者さんは何ができるのか

よくよく考えてみると歯とは1本1本はとても小さな体の部位であり一部です。

そんな小さな歯の虫歯だけを取り除くのですから歯科治療はとても繊細な医療と言えます。虫歯もガンも小さなうちにとってしまった方が良いのは同じです。

虫歯はしっかり取り除かないと詰め物をしても結局中でばい菌が繁殖してしまい後々、治療のやり直しになってしまいます。



そんなことから、かつては虫歯は完全に取り除くことが優先されて虫歯を含めた健康な歯も削っていました。

また上にかぶせる銀歯の接着面を増やすことで取れにくくする目的もありました。

東京のマイクロスコープをご紹介いたします。

銀歯を接着するセメントは接着力そのものは弱いのでそのような形状に削る必要があったのです。

しかし現在では前歯だけでなく奥歯もインレーという部分的な被せもので治せる範囲の虫歯でしたら型を取らずに詰められる耐久性の高い詰め物があり大きく削る必要がなくなってきています。歯は少しでも少なく削った方が良いのです。


そんなニーズにしっかり応えてくれるのがマイクロスコープです。

拡大するだけではなく視界を明るく照らしてくれるマイクロスコープは小さな虫歯も鮮明に見ることができ悪い所だけを的確に削り取ることができます。

NAVERまとめが最近こちらで話題になっています。

自由診療での治療でこの機器を使う歯医者さんは増えてきています。


出来る限り再治療しなくて済む治療を歯医者さんは目指して日々努力をしています。
肉眼では難しい治療ができるマイクロスコープはこれからもどんどん歯医者さんの医療現場では増えていくことになるでしょう。