歯医者のマイクロスコープを活用

歯医者の先生は、お口の中という限られた空間にある小さな歯を対象に治療を行っています。
見えやすい前歯でも大きさは小さく、奥の方になると直接見る範囲も限られてきます。


肉眼で見ることができるものには限界があり、歯医者の経験や勘に頼った治療が行われることがあります。

しかし、最近はマイクロスコープを使う先生が増えています。

マイクロスコープとは、日本語で顕微鏡のことで、これを使うことで肉眼の数十倍に拡大して見ることができます。

今まで虫歯の取り残しがないように、大きめに削っていた歯も、虫歯の部分だけ削るなど適切な治療ができるようになりました。

歯医者でマイクロスコープを使うということは、全ての治療の精度を上げるということです。

歯科のマイクロスコープを理解するために必要な基礎知識をわかりやすく紹介します。

今まで見ることができなかった細かな部位まできちんと見ることができ、撮影もできるので、患者さんもどのような治療をしたのかが分かりやすいです。

T-SITEに有効なサイトです。

特に、虫歯を削った後にする詰め物の適合が良くなり、再発を防ぐことができます。



良く使われているのが、歯の神経の治療です。

歯の中にある神経はとても細いですが、マイクロスコープで拡大することで治療が格段に正確に行えるようになりました。小さな初期の虫歯の発見にもつながり、小さなうちに治すことで、痛みを軽減し、大切な歯を多く残すことができます。

歯科医師の治療だけでなく、歯科衛生士の歯石除去などにも使うことができ、患者さんのお口をより清潔に治すことが可能になりました。