窓の結露対策として定期的に行うことは、室内の湿気を外に排出するために換気を行うことです。新鮮な空気を取り入れ換気をよくするだけでなく、湿気を外に逃がしていきましょう。特にシャワー後や調理時など、湿気の発生が多い場面では積極的に換気を行うことが大切です。ガラスに結露防止フィルムを貼ることで、発生を抑えることができます。

フィルムは、ガラスの表面温度を上げ、結露の発生を防ぐ効果があります。断熱性能が高い場合には、室内と外気の温度差が少なくなり発生が軽減されるので、二重窓や特殊な酸化錫や銀といった金属膜がコーティングされているガラスなどの、断熱性に優れた材質のものを使うこともおすすめです。室内の温度と湿度を適切な範囲に保つことも大切なこととなります。室温は適度に保ち、湿度が高くなりすぎないように注意しましょう。

高い場合には、加湿器の使用を制限し、除湿器を活用することもおすすめです。洗濯物は室内で干すと湿気上昇の要因となります。室内ではなく、屋外や浴室など湿気の少ない場所で乾かすことをおすすめします。窓枠や隙間からの風の侵入や冷気の逃げを防ぐために、枠や隙間の補修を行いましょう。

シーリング剤や防寒テープを使って、断熱性を向上させることができます。結露対策は、窓の性能や室内環境によっても異なる場合があります。対策を選ぶ際には、タイプや状態、環境条件を考慮し、最も適した方法を選ぶことが重要です。